会社の屋上で見知らぬ女が飛び降りジサツしようとしていた。女『自分は価値のない女』俺『だったらタヒぬの1日延ばしても変わりないよな?』余りもウダウダ言うから家政婦に雇ったらw

このサイトの記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする